2011年02月26日

創作意欲がムクムクと!



湧いてきちゃう今日この頃 るんるん

我が家の各部屋を改造中 手(チョキ)


弟が使っていた部屋の改造の手始めに。。。

彼が使っていた学習机を片付けようと・・・・・分解 exclamation×2

↓ 引き出しを外し・・・ ↓
机・引き出し.jpg


↓ 両サイドの板を外し・・・ ↓
机@.jpg


↓ 外した板がコレ ↓
机A.jpg
外してみたら、なんとも立派な木材黒ハート
       
         ・ 
       
       ・
       
       ・
       
       ・
       
       ・


こりゃ捨てるのは惜しいゾ パンチ

机本体も何か違う物に生まれ変われる予感 ひらめき

電ノコ欲しいな黒ハート


というわけで exclamation×2

今、創作意欲がモーレツに湧いてるぞぃっっ わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


その他にも色々考え中 るんるん

実家の古い家具をこれまでいくつか リメイク → リユース してきた手(チョキ)

この机の他にもあといくつかあるんだよね、手を加えたい物。

暖かくなると、さぁ、いよいよ創作活動本格始動 exclamation×2


あっexclamation
↓ コレ ↓
机・勉強.jpg
弟の机の表面。

なんやらいっぱい書いてあるexclamation×2目
英語に古典に日本史に・・・




ちゃんと勉強してたんだねっっ!!!
( ・・・って、当たり前か わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗) )




あたしとは正反対だわ〜 ( 笑 )







posted by Kako at 21:57| 福岡 | Comment(0) | taeglich(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

Paradise 〜ハシゴして延長♪〜


『 ハシゴして延長 』 って。。。

まるで “ 〇洲 ” で遊ぶ ♂ どもみたいですが ( 笑 )


先日、これまた “ お初 ” の体験をしてきましたるんるん


うはっっ exclamation×2 (≧▽≦)

猫CafeA.jpg
にゃん 猫 がいっぱいハートたち(複数ハート)


そ〜なんですひらめき

初めて 猫カフェ へ行ってきたんですわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

シアワセなひととき 黒ハート
たまらんですぴかぴか(新しい)
ニャンコの側にいると、
うちの子といる時は勿論そうですが、とっても穏やかな気持ちの自分に気付くのです ( 笑 )


で、2 店ハシゴしましたるんるんるんるん ( 笑 )

いろんな子がいましたが、
やはりそれぞれに個性があるんですよね。
うちは 1 匹だけなので、
たくさん仲間がいる “ 猫コミュニティー ” の中で
猫同士がどのように関係しているのかなど興味津々でわーい(嬉しい顔)

あまりにも あっっ あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) という間に時間が経ってしまうものだから、、、
2 店目で延長しちゃいました〜ぴかぴか(新しい)


猫Cafe@.jpg

猫CafeD.jpg

猫CafeB.jpg
↑ この子は “ たっち ” が出来るのexclamation
 かなりの時間、立ってました 目 


こりゃ、病みつきになるわ 黒ハート ( 笑 )







posted by Kako at 02:02| 福岡 ☁| Comment(0) | taeglich(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

香港


昨今、“ 韓流 ” や “ 華流 ” という言葉が作られよく耳にしますが、
今から随分前・・・

かれこれ 12 〜 13 年前になりますか。。。
元々ジャッキー・チェンが大好きな私 Kako、
香港の俳優や歌手が大好きになってしまいましたるんるん

・・・というわけで、
最近硬いネタが続いたのでココらでミーハー行っちゃいます ( 笑 )


今回紹介するのは、ニコラス・ツェ ( 謝霆鋒 ) ぴかぴか(新しい)
彼はハードなアクションも自身でこなし、ジャッキーからも認められている俳優、そして歌手。
( 分かり易いところで言えば、 2005 年 公開の 『 香港国際警察 New Police Story 』
 ジャッキーの相棒役で出演 )

数日前に久々急に聴きたくなり、映像& CD CD で現在萌え〜 ハートたち(複数ハート)

多分彼の作品の中で一番聴いたであろうアルバム、
『 謝謝你的愛1999 』
その中の曲 “ 只要為你活一天 ” が何故だかすっごく聴きたくて ひらめき

そして同じくこのアルバムの曲 
“ 很難 ” ( ← 普通語 Ver. イントロのドラムのリズムはご愛嬌ということで^^; )

↓ そんでそれの別バージョン ↓
“ 不要説謊 ”( ← 広東語 Ver. )

で!コレが原曲!! ( ← 今日初めて聴いたのですが、なかなか良い曲ですねぇ。。。 )

大抵このように皆さん、広東語 Ver. 普通語( 北京語 ) Ver. とで歌い、
それぞれのアルバムを出します。
( 因みに・・・広東語 → ホンコン、北京語 → シャンガン )

あ〜、コレも初々しい ハートたち(複数ハート)

ふ〜ぅ。。。
今夜はニコラスにココロの隙間を埋めてもらったわ黒ハートぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

ここ何年かの作品、観てない聴いてない。
これを機に また DVD & CD 集めちゃう?? (^皿^)


ところで当時、ど〜しても歌いたいexclamation 意味を知りたいexclamation 私、
中国語の辞書買ってきて発音と意味を調べたもんです わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
マメでしょ? ( 笑 )


そそっひらめき
このニコラス、これまた私が好きなセシリア・チャン ( 張柏芝 ) と結婚、
現在 2 児の父。
数年前のセシリアの、
エディソン・チャンによる香港を激震させたスキャンダル “ 写真流出事件 ” の時、
夫であるニコラスは
『 妻を信じる、変わらず愛する 』 と語ったのよ。
イイ男に成長しましたわねわーい(嬉しい顔)
外見もすっかり大人の男の風貌になってるしぴかぴか(新しい)

超余談だけどね、その昔セシリアに憧れて黒髪ロングのエクステ付けたら。。。
相当不評でしたもうやだ〜(悲しい顔)

ど〜でもい〜〜やねあせあせ(飛び散る汗)

香港シリーズ、また続くかもデス ( 笑 )







posted by Kako at 01:38| 福岡 ☀| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

ほとんどの日本人には無理、多分ね。。。



気になる新聞記事があったので。。。

Zeitung 17.Feb.2011.jpg


ちょっと前のブログで、ドイツにおける移民問題を取り上げた。
上の新聞記事はフランスでの話だが、
同じように 『 異教徒をどう受け入れるか? 』 ということが書かれている。

記事の最後に筆者 ( 日本人 ) は こう締め括っている。

『 異教徒を “ 受け入れる ” ことは、頭で考えるほど簡単ではない。
 “ 郷に入れば郷に従え ” と割り切れる問題でもない。 』


私は “ 郷に入れば郷に従え ” 的な考えだ。



厚く信仰する宗教がある者と無い者。

異教の国で生きていくことと受け入れることは
想像以上に難しいのだろう。

後者の私にはやはり
この先もずっと理解出来ないのだと思う。
理解しようとしても、本当には理解出来ない。
ここで 『 いつかは理解出来る 』 なんて言うのは
あまりにも無責任過ぎる。

だって、、、
クリスマス お正月バレンタインだの何だの お盆 ・・・と、
まぁ〜アレコレ忙しい日本人の一人なんだから ( 苦笑 )

因みに私は
意味の無い 日本的 クリスマスやその他イベントには
振り回されませんけどね ( 笑 )

え?可愛くない??
そーでしょう × A ( 笑 )
昔から冷めてますから (^皿^)
( でも、大切なところは心を込めてますのよ ハートたち(複数ハート) )







posted by Kako at 01:24| 福岡 ☔| Comment(0) | taeglich(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

おもしろ初体験!


最近マメに更新している Kako です ( 笑 )
今日は日射しが戻ってハッピー ハートたち(複数ハート) でしたね わーい(嬉しい顔)


そんな今日、
私、初めての体験をしました 手(チョキ)

既に 『 別宅 〜 Willkommen zum KAKOs Raum 〜 』 に UP してますが ひらめき

↑ そんな感じで初体験だったわけです。 ↑


面接官が外国の方っていうのもお初だし、
いきなり英語で始まったのもお初だし あせあせ(飛び散る汗)

もうね、頭の中が とっちらかっちゃってね〜 わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


何故かというと、頭の中がこうなってて。。。

【 耳に入ってくる言語 】 → → → 英語
                      ↓
                  そのまんま理解
                       ↓
【 反射的に口から出る言語 】 → ドイツ語 


普通言葉を話す時というのは言わばキャッチボール。
相手の言葉に瞬時に反応する。
( 人の脳は、必要な言葉だけを聞き取って理解しているという )

多分自分の場合もそうで、日本語を話す時のように英語を聞いて理解するものの しかし、
理解した瞬間にドイツ語に変換される。

ドイツ語が出てくると簡単な英単語さえ詰まって出てこないのよ ( 滝汗 )...
例えば今日は・・・
because , but , sometime , was , 7 ( !? ) などなど。。。
“ 7 ” なんて “ ズィーベン ” って言った後なかなか “ セヴン ” が出てこなくて、
面接官の方が 「 ・・・・・ズィーベン..... 」 ってボソッとつぶやかれてたらーっ(汗)

このように、出てきたドイツ語を英語に言い直すのがもどかしくて たらーっ(汗)たらーっ(汗)

この時に、多くの人が 『 日本語で考えてから英語に直す 』 ということと同じことが
『 ドイツ語 ⇔ 英語 』 間で起こった次第で。。。
こう言うと伝わりましたかね〜?
この、もどかしさ ^^;

よって、またハッキリ分かりました。
ドイツ語も忘れかけてきている部分が多々あり完全じゃないにしろ ( ってか、元々中級くらいのレベルやしたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗) )、
慣れている分、英語よりも楽かな〜?って るんるん

それにしても 『 言葉 』 って面白い exclamation×2
楽しい るんるんるんるん

英語の後に日本語で自己アピールをして下さい ひらめき って言われ、
それにテンパっちゃたね〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
面接官の方、日本語がとてもお上手でしたexclamation×2


歳を重ねてくると比例して経験も増えてくるわけだけど、
いくつになっても “ 初体験 ” って ワクワク黒ハートどきどき グッド(上向き矢印)

ぴかぴか(新しい) 経験は宝 ぴかぴか(新しい)

そして、楽しんだモン勝ち exclamation×2
ですねぃ パンチ







posted by Kako at 20:35| 福岡 ☁| Comment(0) | taeglich(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

うれしい贈り物 ♪


あ〜、さぶさぶ ふらふら

何だか今、
外は嵐 雨雪台風 みたい。。。


実は昨夜、
ドイツ時代の友人 A から あるものが届いた。

game.jpg
SCRABBLE というワードパズル。
 子供が言葉を覚えるためのゲームかな。

ドイツ滞在中に貰ったものらしく、
『 ドイツ語のだし使わないから 』 ということで送ってくれた わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)


それと予想外のコレ ↓

ベルバラ.jpg

“ Die Rosen von Versailles ”

die Rosen ・・・ 薔薇 ( 複 )
Versailles ・・・ヴェルサイユ

というわけでexclamation
もうお分かりですか??ひらめきひらめき

そう、“ ベルサイユのばら ” ですぴかぴか(新しい)

懐かしいですねぇ。。。


因みに中身は ↓

ベルバラ中身A.jpg

こんな感じるんるん


そろそろ夕食 レストラン にしようかなグッド(上向き矢印)
って思ってた時に届いたもんだから、
お腹はギュルギュル鳴ってんのに思わず読み始めちゃって わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

最初はパラ見だったんだけどねぇ・・・ ( 笑 )

読み進んでいくうちに・・・

オスカルとアンドレがついに結ばれ黒ハート

アンドレの死もうやだ〜(悲しい顔)

そしてオスカルも・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ベルバラ中身@.jpg
オスカル 「 ・・・アンドレが... 待ってる... 」

不覚にも泣いちまいましたよ ( 苦笑 )
お腹空かせたまんま ( 笑 )
“ HEY × 3 ” で懐かしの 80 ’s も見つつ聴きつつ ( 笑 )

最近、ちょっとしたニュースなんかでもホロッっときちゃったりして
涙腺激弱exclamation×2たらーっ(汗)たらーっ(汗)

私 Kako は幼少の頃から感受性が強い子だと言われてきましたが。。。

人は経験を重ねて色んな思いをしてくると
涙腺が緩くなっちゃうんだってね。
ま、それがイコール “ 歳を重ねる ” ということか。

それって何だか、素敵なことじゃない??


そして、、、
そうやって人は丸くなるのね。

私、高校時代の友人から、

「 Kako 、丸くなったよね〜るんるん

とか言われること多々たらーっ(汗)
( ↑ 体型じゃない ^^; )

どんだけ尖ってたんだexclamation&question って話ですよね〜 ( 笑 )


そ〜いえばビーレの図書館に、
日本の漫画のドイツ語版って結構あったな〜ひらめき


とにもかくにも、
A 、サンキュハートたち(複数ハート)







posted by Kako at 02:46| 福岡 ☔| Comment(0) | taeglich(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

ウンベちゃん ♪♪


先々週でしたか。。。

小春日和が続いて
『 脳内冬眠 』から E 気持ち! ( ←コレ分かる人!同世代ですな www ) で
目覚めたのはわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


家の庭先でも

水仙.jpg

ふきのとう.jpg

春見〜〜〜っけるんるん
だったのに、また 雪雪雪 だなんて。。。もうやだ〜(悲しい顔)


まっ、そんな “ 春 ” だったり “ 冬 ” だったりな中、
我が家の観葉 『 ウンベラータ 』 ちゃんに異変があせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
数日に一度はお水を与えてて その時気付いたんだけど、
『 なんじゃ、こりゃ?? 』
と思いつつ暫くそのまんまにしてたたらーっ(汗)


でも気になって仕方ないから調べたら・・・

ガビーーーーーンがく〜(落胆した顔)

Before.jpg

↑ コレ!この白い粒や小豆みたいなの、何だか分かります??


・・・カイガラムシだそうですふらふらバッド(下向き矢印)

このカイガラムシ、多種いるそうで、
ベランダのゼラニウムに付いてたのは全く違ってたから、
全然分かんなかったよぉ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

とにかくコヤツらをなんとかしなければexclamation×2パンチ

あの手この手を試し、
最終的には つ、爪楊枝で一つずつ ( 苦笑 )

カイガラムシ.jpg

↑ 甲羅 ( ? ) が硬くて案外簡単にポロポロ駆除できた 手(チョキ)


その後、枝と葉っぱを水拭きして。。。

After.jpg

↑ キレイになったよんわーい(嬉しい顔)るんるん

午前中いっぱい陽が当たる東側の部屋へ移動ダッシュ(走り出すさま)

もう虫が付かないように
ちゃんと気をつけてるひらめき

夏の間は窓開けて風通し良くしてたけど、
寒くなり始めてからは殆ど窓を開けなくなったからね。
それがいけなかったのかも。。。

そのカイガラムシ、冬は冬眠中らしいから、
もしまだ取り残しがあったら
春が来たらまた活動しちゃうからね、多分。。。

だからまた暖かくなったら幹と葉をもう一度よく拭いて、
外でシャワーをかけて更に退治しよ。
( その後また調べたら、シャワーが効果的なんだって )

そういえば、昨年秋くらいだったかな〜?
『 葉っぱや鉢の周りがベタついてるなぁ・・・ 』
って思ってたんだよね。

よく調べたら、カイガラムシの排泄物だとかふらふら


exclamation

↓↓ ウレシイ 3 つハートたち(複数ハート) ↓↓

新芽@.jpg

新芽A.jpg

新芽B.jpg

新芽の成長が楽しみ × 2 るんるんるんるん







posted by Kako at 01:30| 福岡 ☀| Comment(0) | Pflanze | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

Ein großes Problem,was Deutschland sich den Kopf zerbricht


夕方偶然点けた N 〇 K のニュース番組、
『 海外ニュース 』TV

騒乱のエジプト関連のニュースと現地の状況、
解説をやっていたので見ていた。

その後特集として、
“ ドイツが抱える移民問題 ” が始まった。

おぉ、なんという偶然とタイミング。
いや、 “ 偶然 ” は “ 必然 ” なのだ。

もう随分前からドイツでは移民問題が大きな社会問題となっている。
ナチスが行ったことに対しての償いで、移民を多く受け入れてきたと聞いた。
それに彼らは重要な労働力だ。
安い賃金で働いてくれる移民により、
ドイツ人の失業者が膨れ上がっているという事実。
( ドイツ人の友人からの最近のメールで、
 ドイツ経済は上向きで雇用も増えているとのこと )

そこで今回取り上げられていたのはケルン。

60年前、重要な労働力として出稼ぎに来たイスラム系の人々。
その彼らが国から家族を呼び寄せ、移民の数がどんどん増えていった。
今やケルンの 10 人に 1 人がトルコ人なのだそうだ。

国が違えば勿論、宗教も文化も違う。
その両者が今、互いを受け入れられずにいる現実。
互いを、というより、
受け入れられない一部のドイツ人と
ドイツ社会に馴染めないと悩んでいるトルコ人。

何故今、大きな問題に発展したのかというと、
ケルンの中心部に約 1200 人の信者を収容できる最大級のモスクが建設されているからだ。

ケルン市は、トルコ人移民もドイツ社会の一部だという考えに基づき
そのモスクの建設の許可を出した。
しかし一部のドイツの人々は、
イスラム社会に侵食されていくのではないかという不安を抱えているというのだ。

トルコ人は市内の 2 〜 3 箇所に分かれて集まって暮らしている。
そこで話されている言語は “ ドイツ語 ” ではなく “ トルコ語 ”。

実際取材に応じた高齢の女性は、
生まれ育った街にトルコ人のコミュニティーが出来たために
街並みも雰囲気も昔と変わってしまったと嘆いていた。

そこは不況のあおりで、親しんだパン屋や商店 ( ドイツ人経営 ) が相次いで閉店、
代わりにトルコ人が経営する店が建ち始めたのだという。

彼女は 「 最初は彼らに歩み寄ろうとしたわ 」 と語った。
「 しかし お茶に誘っても、女性たちやその家族を何度誘っても
 誰一人として来なかったの。 」

そこから次第に不快感を抱き始め、
やがて不安や嫌悪に変わっていった。
今では同じように考えるドイツ人たちと集会を開き、
意見を交わしているとのことだ。

その集会に参加している別の女性は、
「 イスラム教が豚肉を食べないからといって
 学校で豚肉を出さなくなったのよ。国がイスラム化しているわ。 」


さて、一方、トルコ人はどう感じ思っているのか?

ドイツへ来て 18 年 ( だったと思う^^; )という
イスラム教の伝道師の男性はこう語る。

「ドイツ社会にどう溶け込めばいいのか分からない、
 誰も相談する人がいない、子供がドイツ語を話せない・・・など
 悩みを抱えるトルコ人が私に意見を求めて来ます。」

トルコ人はトルコ人でドイツ社会に溶け込もうとしているが、
文化、特に宗教面に於いて差別的な目で見られるという悩みを抱えている実情。

インタビューに応じたトルコ人の若者は、
「 イスラム教信者だと言えない。
 言ったらテロリストだと思われる 」 と言っていた。

ドイツ政府は彼らの “ 共存 ” のために、
イスラム系の人々への ( もしかしたらドイツ人もいたかも ) 勉強会も実施している。
( オスナーブリュックにドイツ全土から指導する立場の人たちが集まっていた )

いかに互いが理解し合い受け入れていくか。
( シンプルであり、且つ難しい )

移民への政府の保証に不満を抱いたり、
何度も言うが文化の違い・宗教の違いから誤解をしている
その地域のドイツ人。

識者の方が言っていたが、
勿論全てのドイツ人がそういうわけではない。

一方で、キリスト教ドイツ社会においても
本国と変わらぬイスラムの姿勢を貫いているトルコ人。

欧米社会とイスラム社会の大きな違いの一つ。

“ 女性の位置づけ ” だ。

欧米社会では当然の 『 男女平等 』も
イスラム社会では通じない。
男性よりも女性の立場は断然低い。

例えば子供の学校行事 → プールの授業で娘が水着になるのを拒んだり、
                 男女一緒の修学旅行に参加させなかったりする
                 父親がいたそうだ。


結局、どんな関係も どんな小さな諍いも大きな争いも
誤解から生じる。
互いが理解しようと努力しなければ問題は解決しない。


私は日本人で、強い信念のもと信仰している宗教はないし
( 一応お仏壇はありますが。。。 ) 、
そういう問題って正直、直面することがない限り解らない。
( かつて香港国際空港でトランジット中、
 イラン人のオジサンにナンパされた時はどーしよーかと思いましたが^^; )

多くが無宗教の日本人、
島国で他民族と隣り合って生きてきたわけではない日本人には
なかなか理解出来ない問題だ。
( 現代社会では日本に暮らす外国人増えてるけど。。。 )

しかし私はこう考える。

ケルンのそのドイツ人は彼らと深く話し合う機会を持つこと。
時間がかかっても理解しようと努力すること。

トルコ人は “ 郷に入りては郷に従え ” だ。
自分たちの文化・宗教を捨てろと言っているのではなく、
それを継承し守りつつ、しかし、異文化異宗教のドイツの法の下で
柔軟に生きていくべきなのではないか、と。
( ドイツ語話さなきゃねぇ。。。 )

実際勉強会に於いても、
キリスト教のドイツに居るのであれば
ドイツ国家に基づいた生き方が望まれる、と言っていた。

でも実際は根強い問題なんだよね、きっと。
日本人の私が あーだこーだ言える問題じゃないんだろね。

( TVで見たものに基づいて書いてます。
 イスラム教のことは良く知りませんたらーっ(汗) )



もし、自分の住んでる地域に外国人が流入してきて定住、
ひとつのコミュニティーを作り上げたとしたらどうだろう?

私のこの性格、外国人と触れ合うことが大好きで
より知りたいと思う。
だけど生まれ育った町が まるで違う国になってしまった時、
自分はどう感じ どう行動するだろう?

因みに自分がドイツで暮らしてた時は、
“ 郷に入りては郷に従え ” だったな ( ← しかも喜んで!! ) 。

ん〜、例えば!

めっちゃ小さいことだけど、
お箸を使わずナイフ&フォークで食事する、とか ( 笑 )
おかげでナイフ&フォークの使い方が上手くなりましたよんるんるんわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

挨拶一つ取っても、
また、ゴミの捨て方や飲食店や買い物の時などなど、
あらゆる生活面で我ながら柔軟だったと思う。

関係無いけど ついでに言うと、
まぁ、意地悪な手芸店のドイツ人オバチャンもいたし、
バス待ちしてたら近所のトルコ人のガキんちょどもに
「 Chinesin ! 」 って言われたりしたこともあったけどね。
( 黒髪が延びてワンレンになってアジアンビューティーだったからですかねexclamation&question
↑ あ、要らん?コレ??たらーっ(汗)たらーっ(汗) )

この時、正直なこと言うと、
間違われたのが嫌だった。
ま、間違った、というより そもそも
日本人がいると思われていなかったんだろうけど。

で、Chinesin の友達も居たし実際仲良かったし よくしてくれて。
けど、Japanerin である自分が、彼らが自分たちよりも “ 下 ” だと
無意識下で思っていたということに気付いた時、
これまで感じたことの無い自己嫌悪に陥った。
意識上ではそんなこと全く思ってもいないのに、
急にそんな状況になった時に咄嗟にそう感じてしまったことが
ショックだったんだ。凄く自分が嫌だった。

日本に居たら感じなかったであろうことがある。
外から見た日本、
そして
欧州の中で初めて、自分がアジア人・日本人であるということを強く認識し
そのことをとても誇りに思った。


最後は話が逸れてしまいましたが、
番組のちょっとした時間に
多く深く考えを巡らせたニュースでした。



補足:ドイツも日本と同じく少子高齢化が加速している国。
    外国人労働者はこの先国を支える無くてはならない存在であることも
    事実だそうだ。







posted by Kako at 03:11| 福岡 | Comment(0) | Deutsch und Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。