2011年03月22日

『 S 耐 』 2011 開幕戦@ソニックパーク安心院


久々の KART ネタです ダッシュ(走り出すさま)

別宅 の方にはリアルタイムで書きましたが。。。

20 日にソニックパーク安心院に於いて、
レーシングカートの耐久レース 『 S 耐 』 が開幕しました るんるん
今年からシリーズ戦化し、11 月 の最終戦まで計 4 戦 モータースポーツ
J H R として T -ルさんと参戦です パンチ

さて、その開幕戦 exclamation

カートはいつものように、マスターからレンタル。
( Active Planning のマスター&Aキラさん、いつもありがとうございます黒ハート
今年もお世話になります わーい(嬉しい顔) )

天候:曇
気温:肌寒い
コンディション:ドライ

サーキット到着時、
瞬間的にかなり強めの雨が降り大きな不安に駆られた私 Kakoたらーっ(汗)たらーっ(汗)
しかしレース中は何とかもってくれました。

--------------------------------------------------------------------------------

先ずは 20 分間の練習走行 ダッシュ(走り出すさま)
先に T -ルさんが出走。順調なペースに見える。
戻って来た T -ルさんからの指示を受け、タイヤを労わる方向での練習走行。
タイヤが大好き ( 笑 ) なADVAN でかなりの高グリップ るんるん
・・・なクセに、
“ チキン ” 度を試す 9 コーナーの突っ込みも 10 日前の練習時よりも最初はイケず^^;
他の選手が平均54秒台ほどで走る中、激遅の 58 秒台で終える。
( 掲示板には表示されていなかったので自身で確認出来なかったのだが、
  後で T -ルさんに聞いたところによると、正直 『 あぁ・・・ ふらふらたらーっ(汗)たらーっ(汗) 』 と思ったらしい^^; )

スターティンググリッドは抽選で決定。
な、な、なんとexclamation
ポールスタートダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

スタートドライバーは T -ルさん。
ローリングスタートで 100 分のレースの幕が切って落とされた。
最初から54 → 53秒台のハイペースで順調に走行。
しかし、後方の No.5 がそれを平均 0.4 秒ほど上回るペースで追い上げてくる。
渾身の走りで首位を守ろうとする T -ルさんに No.5 が襲い掛かる。
やむなく首位を明け渡す。
ストレートスピードの差から、ストレートに入ると引き離される。
しかしながら その後も 53 秒台をキープし 3 位 を引き離していく。
約 25 分経ったところで、“ 心配 ” な ( 笑 ) 私 Kako にチェンジ。
( ピットストップは1分・・・以降同様 )

そんな私はコースインと同時に集中力を MAX にレースモードにポチッとなるんるん
スイッチ ON パンチ

って書くと聞こえはいいが、
最強のチームメイトが死守してきた 2 位を何としてでも守らなきゃ!っていうのと、
掲示板にタイムが表示される以上、
情けないタイムを出したくないといのが本音だった。
だから 9 コーナーものっけから思いっきし突っ込んで行った。
その後は更にタイヤを信じることができ、 『 もうちょいイケるかな 』 と
一人 “ チキンレース ” 状態 ( 笑 )。
だいぶん思ったように走れるようになってきた。
たまに 54 秒台にポンッっと入りつつ ( ← お得意の“一発”芸 www )、
平均 55 秒台中盤といったところ。
1 コーナー進入も徐々にアクセルオフのタイミングを遅らせていけた。
途中、真後ろに R M H ( 今回は “ Pray 4 Japan ” ) の K - ZY さんが迫って来て
意識してしまい、
最終で膨らんでダート走行するも あせあせ(飛び散る汗)なんとか踏ん張ってエンジンも止まらずにコース復帰^^;
しかしそれで更に真後ろにピッタリつけられることに ふらふら

そんなこんなで 25 分の走行を何とか終え、再び T -ルさんへステアリングを託す。
レース開始から 50 分を過ぎタイヤも少しヘタレてきたのか、
全体的に第 1 スティントより多少ペースダウンになりつつも
依然として順調に周回を重ねる頼もしいチームメイト 手(グー)

2 位堅守で戻って来た T -ルさんより最後のステアリングを受ける。
なるべく無心でコースインし、自分の最初のスティント同様の走りを心掛ける。
1 コーナーも全開進入で最初よりも更にアクセルを離すタイミングを遅らせた。
( 感覚がもう、麻痺してたね・笑 )
更には出走前の Aキラさんからのアドバイス、 1 2 コーナーと最終コーナーを意識して走る。
『 私は走れる 』 と自己暗示を掛けながらの周回が続く。
このままフィニッシュというイマジネーションを膨らませながら。

しか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しっっっ!!!!!!!!!!
姉さん、事件ですっっっ!!!!!!!!!!

あと 1 0 分ちょっとというところくらいで
下り 6 コーナーちょい手前 ( ? ) の微妙なインを刺され、アッと思う間もなく接触ふらふら
断片的に脳裏に保存されている画像の 1 枚目は、
自分の左と相手の方の右のタイヤが接触、擦れ合ってそのまま数秒並走状態。
→ 『 離れろっっ!! 』( ← だって危ないじゃん あせあせ(飛び散る汗) )って思った瞬間、2 枚目の画像。
クラッシュパッドとフェンスが迫ってくる風景 がく〜(落胆した顔)
→ 『 何処に吹っ飛んでいくんやろ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
次は足元の枯れ草 ( 苦笑 ) → 『 頼む!止まらんでくれっっ!!! 』
ラスト 4 枚目は右側のタイヤバリアのタイヤが 1 本 “ ボトッ ” と落ちてきた画たらーっ(汗)たらーっ(汗)
そして・・・エンジン停止 もうやだ〜(悲しい顔)
( ↑ 実際どういう状況だったのか、客観的に見たい、知りたい。今後の為にも。 )

カートから立ち上がり、早くコースに復帰したいあまり、
自力で何とかしようと無謀にも “ 一人押しがけ ” を考え、
トライしようとするも そりゃ〜やっぱ無理・・・
T -ルさんと Aキラさんがヘルプに来てくれて、ようやくコース復帰 ダッシュ(走り出すさま)
過度の興奮状態から先ずは 『 冷静にならなきゃ・・・ 』 と思いつつも、
9 コーナーの突っ込みがこれまでより深くなる ( 笑 )
全然落ち着いてない^^;
むしろ攻撃度増 あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

メインストレートに戻ってきて掲示板を見ると、4 位。。。
あれだけ停まってて 4 位でいられたのは、チームメイト T- ルさんの頑張りで
マージン稼いでいてくれたおかげ。
しかし無常にもチェッカー モータースポーツ が振られ、
そのまま 4 位 でレースフィニッシュ。

開幕戦から波乱含みの展開。。。


--------------------------------------------------------------------------------


悔しさが残るレースでしたが、アクシデントは付き物。
レース後、 Aキラさんからの厳しいアドバイス。

『 インを刺されるからそうなる。そうされないように速くなるしかない 』と。

その時はまだ興奮状態継続中だったけど^^; 、よく考えれば その通りです。
とにかく先ずは自分がもっと速くちゃんと走れるようになること。
真後ろを走っていた K-ZY さんからも “ 下り ” の貴重なアドバイスを頂き、
そこも含めて次回の 『 S耐 』までに練習して本番に臨みたい。


実は一つ気になってることが。。。
接触した相手の方は接触直後もレース終了直後も謝って下さったのに、
その時ちゃんと対応出来なかったこと。
かなり気にしてあったようで、帰りのファミレスで偶然居合わせた時にも謝って来られて、
その時はようやく笑顔で応えられたものの、
申し訳ない気持ちが残っています ふらふら
ごめんなさい。。。


ここまで長々と書きましたが・・・



以下、さらに続きを読む??
posted by Kako at 03:25| 福岡 ☔| Comment(14) | KART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。