2010年09月04日

NANIWA EXP + 人見元基 @ BAJ


はぁ〜〜〜
あれから早、一週間。
先週の今頃は、心がかなり満たされてましたわ。


そう、先月のことになりますが、
8月28日は敬愛するヴォーカリスト、人見元基 氏が歌うということで、
東京・目黒の " BLUES ALLEY JAPAN " に行って来ました。

今回は、NANIWA EXP (ナニワ エキスプレス) とのステージ。
4月に大阪
" 心斎橋JANUS " で “ Zeppelin 三昧 ”
と銘打ったステージを繰り広げてたから、
このコンビネーションは2度目ということになる。

も〜〜〜っっ!!
NANIWA EXP の演奏、
ホント、自分の貧困なボキャブラリー故に素敵に言い表せないのが悔やまれるが、
まぢスゲェ!!!
元ドラマーの私はどうしても先ず、東原さんに釘付け。
そしてリズム隊を一つの集合体として感じるので、ベース・清水さんに目を移す。


今回彼らの演奏を聴いて、

歌が入らない=言葉で表現しない

それを音色やタッチ、そう、“ 音楽 ” でその曲の世界を表現するって、
なんという “ 芸術 ” なんだろう!!

特にそう感じずにはいられなかったのが、
“ 大宇宙無限力神 ” という曲。

そんなことを思いながら、元基さんが登場するまでの演奏を堪能していた。

形としては目に見えない、
しかし、その音を紡ぎだす音楽家たちの演奏を見ることにより、
五感 ( 触感は無いか?? )をフルに使って感じることが出来る。


さぁ!
楽しい音楽の時間はこれからまだまだ続くよるんるん


 
元基さん登場の1曲目は ZEP の " Communication Breakdown "
それから第1部の終わりまで 『 Zeppelin 三昧 』

" Communication Breakdown " から すぐさま
" Good Time Bad Times " へ。

それから 3 曲目 " Dazed and Confused "
間奏で時折、
♪ Ah〜〜〜〜〜〜〜
と妖艶な声を吐き出す。


一つ気になっていたもの。
ステージ上、ギター・岩見さんのマイクスタンドの横に何かある!
もしやあれは・・・
ハイ、正解!!

そんな “ 自分の中だけクイズ ” をしてました(苦笑)

" Whole Lotta Love " とくれば、やっぱアレですよ、アレ。

そう、テルミンです。

でも今回は、岩見さんが楽しそ〜〜〜に操ってらっしゃいました。
それを脇で見てる元基さんも楽しそうで^^

( 昨夏の 『 GENKI SESSION 』 では
ご自身がその指先で艶かしく、妖しげな音を紡いでいらっしゃいましたね。)

しかし毎回聴く度に思いますが、
なんて違和感が無いんでしょう!!
本家プラントよりも しっくりきてると感じてるのは、私だけではないはず。

前半は 『 飲みが足らなくて恥ずかしい 』 とおっしゃってた元基さん(笑)

そういえば、登場して間もなく 『 燃料切れ 』 (笑)

元 : 「すいません、ビール1本もらえますか??」

そうそう、書くの忘れてた。
このライブ、いや、元基さんのキーワードは

『 グリコ 』『 燃費悪い 』

なぜに真っ赤な 『 グリコ 』 Tシャツなのか、
1曲目を歌い始めてからもずぅ〜〜〜っと気になって
ど〜〜〜してもTシャツに目が行って その度に笑いがフワッと何度も押し寄せてきて、
なかなか歌に集中出来んかったわ(^^;


その最初の 『 燃料=アルコール 切れ 』 の際、
清水さんが一言。

「 ビール来るまで音出せません(笑) 」
「 ハッキリ言って、燃費悪いです。でも、燃料入れたら入れた分だけ必ず結果出します(笑) 」

ほんと、その通り!
期待を裏切らないステージだ!!!


第 2 部も最初 2 曲、NANIWA EXP の演奏でスタート。
バラードの " LOVE NO LIMIT "
とってもイイ雰囲気の曲で気に入りました。
“ 夏の夕暮れの海 ” または “ 夜景が見える夜の海辺 ” で聴きたい気分になったかな。

その後すかさず、東原さんのドラムが勢いよくなり始めた。
" MOVE OVER " だ!!
元基さんVer.のこの曲、大好きだいっっ!!

スネアとハイハットだけのイントロに乗せ、
" Dazed and Confused " とは違う
♪Ah〜〜〜〜〜〜〜
という甘い声で観客を引き寄せる。

そして元基さんのタイミングで、

♪ You say that it's over , baby 〜

と、曲がスタート。

間奏でも Jazzy な元基 Ver. " Move Over " 炸裂。

歌い終えた元基さん、

「シャウトしちゃいけないだろ〜、みたいなね。。。
シャウトしちゃうんですよね(笑)
性っていうんですか〜?」

きっとそうだと思いますよ、ハイ(笑)

次、 " Summer Time " の前に・・・
「 皆さんの街では、アオマツムシ鳴いてますか? 」 と、
謎の “ アオマツムシ ” の話をして “ 秋の入口 ” みたいな前振りをしてしまい、
無理矢理 “ 夏 ” モードに持ってくトーク (^^;

そんなこんなで、清水さんの、雰囲気たっぷりなベースソロでのイントロが流れ始める。
そのイントロにふ〜っっと被ってきた声。
 “ 色気 ”  という言葉意外に何も見つけられない。
いや、正直、エロい
その声が、気だるい夏を感じさせた。

粋のいい、東原さんのドラムが一気にその空間の空気を変えた。
" SUPERSTITION " は Kako 的に特にすっごい楽しかったな♪

「 Everybody , clap your hands !!」

と観客を煽る元基さん、昔と変わらない。一緒だ。
何だかそれで、もの凄く嬉しくなった。
ギターとの掛け合い、カッコ良かったわ。

4月の心斎橋でもそうだったが、
" IMMIGRANT SONG "
NANIWA EXP バージョンのイントロ、

♪ ドゥンドゥドゥ ダ ドゥン〜〜〜〜〜
 
コレが下から尾骶骨から響いてきて、そりゃ〜もうカッコイイったらありゃしない!!
前回同様、暫くこの音がアタマの中で回りっぱなし!
もちろん元基さんのヴォーカルが入ってきて完全になる。
無敵だ!!

エンディング前の短いドラムソロ、ベースのリズム隊が私の興味をそそり、
" IMMIGRANT SONG " が終了。

アンコールでは、元基さんがお客さんにリクエストを求めたり(笑)
「 " BURN " ! ! 」 と言う声に元基さん、
" Tama Home " ね 」( ← スミマセン たらーっ(汗) 元基さんファンにしか分かりませんね あせあせ(飛び散る汗) )

TAMA  HOME.jpg
↑ キムタク関係ないけど、福岡空港前にデ〜〜〜ッカイ看板あったので(笑)

" ぞうがめ " (笑)、" アッコちゃん " などリクエストが出たものの、
ここはやっぱり ZEP、 " ROCK 'N' ROLL "

そしてラストはプレスリーのモノマネが入った(笑)、
" ROCK ME BABY "
♪ Yeah〜〜〜Yeah Yeah Yeah〜
と、今度は観客との掛け合い。
何もかんも忘れて楽しかった。

全てのステージが終わり、 「 最高だね!!! 」 と元基さん。


そして私 Kako 、思いました。
元基さん、NANIWA EXP との相性抜群!!
NANIWA さんは、元基さんの緩〜い雰囲気を適度に、手綱を締めてくれる。
だから元基さんご自身も適度に気が引き締まってらっしゃるのではないのかな?
( トークしてても、自ら 「 次、行きますかぁ〜? 」 と 進行してましたね・笑 )

それにしても、この日の元基さんは、
観て聴いてる私もめちゃんこ笑顔になっちゃうほど、
『 歌うの楽しい!! 楽しくてしょうがない!! 歌うの大好き!!! 』
という笑顔が弾けてました。

それが動きに表れてましたね〜^^
ぴょんぴょんジャンプしまくってましたもん!
逆に跪いて岩見さんと掛け合ってるシーンと、
♪ Ah〜〜〜〜〜〜〜 と声を吐き出す時、
マイクを尾崎紀世彦氏バリに口元から遠ざけて歌ってたのが印象深かったな。

楽しい音楽の時間はコチラ ♪ ♪
( 著作権の都合上 演奏はCUTされてますが、爆声 “ シャウト ” が聴けます ♪ )

それに今回のライヴでは、
ご一緒させて頂いた皆さんと素敵な時間を過ごさせてもらいました。
初めてお会いした方たちとテーブルを囲んで(これまたメンバーが入退場時に側を通る、
ステージからも正面のスペシャルな席)、演奏もお酒も ( って、あまり飲みませんでしたが^^; ) 食事も楽しめて。
『 人見元基 』 というヴォーカリストを通じて知り合うことが出来た、
この偶然にして必然の “ 出会い ” に本当に心から感謝しています。

またみんなで一緒に素敵な時間を過ごせたらな、と思います。


最後に、セットリストはこちら ↓

【第1部】
1.Between the Sky and the Ground
2.大宇宙無限力神
3.COMMUNICATION BREAKDOWN
4.GOOD TIMES BAD TIMES
5.DAZED AND CONFUSED
6.WHOLE LOTTA LOVE

【第2部】
1.SPOT
2.LOVE NO LIMIT
3.MOVE OVER
4.SUMMER TIME
5.SUPERSTITION
6.HEART BREAKER
7.IMMIGRANT SONG

【アンコール】
1.ROCK'N'ROLL
2.ROCK ME BABY


最後まで長文読んで下さった方、
ありがとうございました わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)







posted by Kako at 00:00| 福岡 ☀| Comment(2) | Musik(人見元基・VOW WOW) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NANIWAさんは全員のレベルが高く「観せ方」を
わかっていますよね
それでいて、自分たちも楽しむ。
清水さんは、MCもダラっとさせないで
全体を上手にコントロールしてたよね
大人や〜
Posted by 六条 at 2010年09月09日 01:40

>六条さん

全くその通りですね!
ガキんちょの私は、 『 大人の音楽や〜 』 と
前回同様 NANIWA さんの その演奏に引き込まれていました。
『 演者が楽しんでいる “ 余裕 ” 』 を感じます。
そして、それが観客に伝わって、あの素敵な楽しい空間になるんでしょうね〜^^

“ 音楽 ” って、本当に楽しい♪
って思わせてくれる方たちです。


Posted by Kako at 2010年09月09日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。